【婚活がうまくいかない女性のタイプ】

同じくらいの年齢、ルックス、条件の女性が、同じように婚活していても、
一年内でお相手が決まり結婚する女性と、
婚活が長期化して、なかなか決まらない女性がいます。
 
実は、婚活が長期化してしまう女性には大きく3つの特徴があるのです。
 
1、周りの人のパートナーと比較する
 
相手選び時に、友人・知人・姉妹等のパートナーとの比較するタイプです。
意識的だけではなく、無意識に比較している方も少なくありません。
 
周りの人のパートナー達と比較して、ルックス、学歴、収入等の全てが同等以上でないと納得できず、せっかく出逢った相手に対しても、些細な欠点を見つけては断ってしまいます。
 
お見合い、恋愛にかかわらず、このタイプは結婚が難しくなります。
 
何もかもが同等以上の男性なんて、そうそういないですし、
その男性が、自分を選んでくれる保証なんてありません。
 
相手に対する条件に優先順位をつけ、
1~2位がクリア出来ていれば他は譲歩することも必要です。
 
2、上から目線
 
「私に合うような、少しはマトモな男はいないのかしら」
「40才近くまで独身の男なんて、欠点があるに違いない」
「結婚相談所で婚活している男なんて、モテない人ばかり」
 
・・・等々と、考えているタイプの女性です。
 
こうした上から目線の考え方は、
知らず知らずのうちに態度や言葉に出てしまうので、男性に嫌われます。
 
過去のモテ経験が忘れられないため、自分が相手を選ぶ側に立ってしまうのでしょうね。
 
結局、婚活でも恋愛でも、
結婚するためには「相手から選ばれる」ことが必要なのです。
 
3、恋愛願望が強い
 
結婚と恋愛をごっちゃになっているタイプです。
 
『結婚にも恋愛のようなトキメキ感、ドキドキ感が必要』
 
・・・と考えていて、
 
何ヶ月も交際しているのに
 
「ときめかない、ドキドキしない」
「ピンとこない、決め手がない」
 
・・・と決断できず、逆に男性から断られるタイプです。
 
恋愛と違って、
婚活やお見合いでは、相手のことが好きになって交際するわけじゃありません。
「悪い人じゃなさそう」からスタートします。
 
で、
冷静に相手を見て交際するので、トキメキ感、ドキドキ感は起こりにくいのです。
トキメキ感、ドキドキ感は結婚の決め手ではありません。
 
婚活の場合、2人が恋愛関係になるのは婚約後が一般的です。
「条件や人柄」から結婚を決めて、その後に、気持ちがググッと動く感じです。
 
いかがでしたでしょうか。
 
別々の生活をしてきた男と女ですから色々と違っていて当然です。
多少の違いは、結婚生活の中ですり合わせるていくものだと思います。
  
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
最新の婚活情報、成功ポイントは下行をクリック!
毎週更新 ⇒ Facebook 【婚活成功のポイント】
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 

 

«  |  »

カテゴリーTOP