【スカイプ (Skype)】

先日、婚約の挨拶に来たカップルは、
一昔前なら想像もつかない方法で交際をして結婚を決めたんです。
 
お見合い後、交際に入って1ヶ月ほど経った頃のこと、
急に男性の転勤が決まったのです。
それが、なんと!
 
シンガポール!!
 
それも、出発が2週間後という、普通では考えられない急な異動なのです。
なんでも、現地に赴任していた同僚が病気になって帰国を余儀なくされたことで、彼の急な転勤がきまったとのことで、その期間は2~3年の予定です。
 
ただ、幸いなことに、シンガポール行きっぱなしではなくて、2カ月に一度は、仕事の進捗状況の報告と会議のために社費で帰国はできる。
 
とはいえ、国際電話はその費用がバカになりませんし、メールと2ヶ月に一度のデートを続けたところで、婚約まで至るとは思えません。
今までなら、交際を続けるのが難しくて、ダメになるパターンです。
 
ところが、この2人、
 
「スカイプ」・・というテレビ電話で交際を続けたのです。
 
ご存知の方も多いかと思いますが、
スカイプというのはインターネットを利用した無料のテレビ電話のことで、お互いがスカイプに入会(登録)していれば、何時間話をしてもタダなんです。
 
インターネットを利用しているわけですから、もちろん世界中どこでもOK
日本 ~ シンガポールの間でもパソコンの前に座りさえすれば、パソコンの画面でお互いの顔を見ながら話が出来るのです。
 
・・・で、2人は週2~3日は時間を決めてパソコンの前に座り、毎回1~2時間は顔を見ながら、シンガポールのこと、日本のこと
 
「こんな歌が流行っているよ」
「こんなのニュースが話題になってるよ」
 
・・・と、情報交換などもしながら楽しく会話を続けたそうです。
 
パソコンの画面の中とはいいながら、やっぱり顔が見えているので表情や人柄に触れる事は出来て、国内で週一回ずつデートしているカップルより、ずっと親密になったのです。
 
男女の親密度は、会っている時間ではなく、回数に比例するからです。
 
そして、2か月目に彼が帰国した時には、彼女は仕事を休んで関西空港まで彼を迎えに行って、彼の仕事が終わるのを会社の近くの喫茶店で待って・・・
 
その日のうちに、彼からプロポーズがあって、翌朝、彼はシンガポールに。
 
1ヵ月後、
今度は彼女がシンガポールに出向いてデート。
(もちろん、彼女はホテルをとってですよ)
 
その1ヵ月後、
彼が帰国して、先日の婚約の挨拶となったわけです。
 
無料のテレビ電話「スカイプ」
何と言いますか、スゴイ時代になってきましたね。
 
でも、このスカイプを使えば、
遠距離交際も忙しい人同士の交際もウマくいくのではないでしょうか。
 
皆さまも、スカイプ交際、チャレンジしてみては如何でしょうか。
 
さぁ~、次はあなたの番です!
 
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
最新の婚活情報、成功ポイントは下行をクリック!
毎週更新 ⇒ Facebook 【婚活成功のポイント】
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 

 

«  |  »

カテゴリーTOP