【災い転じて】

これまで、女性が「結婚を決意した瞬間」「結婚を決意したシチュエーション」と云ったコラムをいくつか書いてきました。
 
『大阪の海遊館で、男性が子供に水槽を見せて上げるのを見て・・・』
『点滅中の信号でお年寄りの荷物を持って上げた』とか、
『駅の階段で子連れのお母さんのベビーカーを運んであげた』
 
・・・とか、女性が男性に対して結婚を決心する瞬間、シチュエーションは様々で、
カップルの数だけドラマがあるのではないかと思います。
 
そして、今回、紹介する婚約カップルは、まさに危機管理が決め手でした。
 
実は、先週のゴールデンウィークに、
彼が彼女と2歳の子供を連れて事務所に遊びに来てくれたんです。
それで、このエピソードを思いだして今回、紹介させて頂いているわけです。
 
さて、この2人、交際を始めて1か月半ほど経った頃でしょうか。
彼は彼女を愛車に乗せて、神戸へドライブに出かけました。
信号待ちをしていた時の事です。
 
ドゴォ~ン!!
 
大きな音と強い衝撃が車の中に響いたんです。
止まっている彼の車に、後ろから車が突っ込んできたんです。
よそ見をしていたのか、信号を見落としていたのか結構なスピードで追突してきたのです。
 
2人とも怪我はなかったものの車の後部は大破してしまいました。
彼女は交通事故は初めての経験だったらしく、半端パニック状態です。
 
でも、彼は冷静そのもので
自分の車を交通の邪魔にならないように路肩に移動させると、
追突してきた車を誘導して、彼の車のすぐ後方の路肩に止めさせると、
彼女に
 
「折角のドライブだったのにゴメンね。
今から警察に来てもらうし、相手方との話もあるから・・・
車は普通に走れる感じゃないし、タクシーを呼ぶから、念のため君は病院に・・・」
 
「あっ、いえ、その、私も一緒にいます。」
 
彼女はとても怖かったのですが、自分も一緒にいなければいけないと思ったそうです。
 
そして、彼女が目にしたのは、
その後の、彼の警察や事故の相手方との冷静かつ誠実で、穏やかな対応でした。
彼女は、
 
「この人だったら、何があっても私を守ってくれる。」
 
・・・と一瞬で Fall in Love!
 
事故後、1ヶ月も経たないうちに婚約となりました。
もちろん、彼女の方から積極的にアプローチしていきました。
 
まぁ、でも、今だから言える事なんですが、
実は、彼は某有名企業の総務課に勤務していた関係から、
営業車両などが事故を起こした時など、その手の対応は日常業務で慣れていて、
彼女が感動して、恋に落ちてしまったという神対応というのも、
 
「いやぁ~、いつも通りに対応しただけで、思いっきり普通だったんですけどね。
でも、これって、彼女をダマした事になるんですかねぇ~??」
 
「うぅ~ん、別に良いんじゃない。 彼女が喜んでるんだし」 (*^。^*)
 
・・・と、彼と電話で話したことを思い出します。
 
でも、彼女にとっては、子供が出来た今でも、彼は、
 
「彼女のヒーロー」
 
・・・のようでした。これからもお幸せに
 
さぁ~、次はあなたの番です!
 
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
最新の婚活情報、成功ポイントは下行をクリック!
毎週更新 ⇒ Facebook 【婚活成功のポイント】
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 

 

«  |  »

カテゴリーTOP