【ジグソーパズル】

人間は誰しも、長所半分、短所半分。
人それぞれ、得意、不得意もあれば、モノの見方や考え方も違います。
ドラマや映画に出てくるような完璧な人は一般社会にはそうそういません。
自分自身だって完璧ではありません。
 
結婚相手、一生のパートナーの人物像を考える時、
お互いの欠点や苦手な部分、足りない視点などを補完してくれる相手が好ましいわけです。
 
ちょうど、ジグソーパズルの凹んだ部分凸んだ部分の関係です。
 
相手に何もかもを求めるのではありません。
結婚相手は違う知識、特技、視野、視点を持っている方が良いのです。
 
自分が知っている事を相手が知らなくても、教えてあげれば良いだけですし、
自分の知らない事を相手が知っていれば、それだけ見識が広がります。
 
自分の知っている事を相手が知らないからといって、
相手がモノ知らず、おかしい・・・というわけではありません。
 
但し、マナー、モラル的な部分は共有できていないと困ります。
 
これは、何も「知識」だけのことではありません。
 
「経験」「特技」「性格」「人柄」・・・等々、違って当たり前なのです。
 
でも、
結婚相談所などで婚活をしていると、どうしても、
 
「少しでも良い人を!」
 
・・・といった気持ちが先行し、相手に全てを求めてしまいます。
 
相手に何もかもを求めるのではなく、
 
「2人で一組」
 
・・・という基本に立ち戻って、
お互いの「経験」「特技」「性格」等の長所と短所を補完し合える、助け合える・・・
そんなお相手を探してみては如何でしょうか。
 
「婚活はジグソーパズル」
 
そんなイメージを描きながら活動して頂ければと思います。
 
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
最新の婚活情報、成功ポイントは下行をクリック!
毎週更新 ⇒ Facebook 【婚活成功のポイント】
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 

 

«  |  »

カテゴリーTOP