【男女の恋愛感情のピークの違い】

男女の脳には性差がかなりあって、
思考や判断の方法、得手不得手の分野など大きな違いがあるそうです。
 
当然、異性を好きになるプロセスも男女では異なっていて、
男女の恋愛感情のピークにもハッキリとした違いがあるのです。
恋愛であれ、お見合いであれ。それは同じです。
 
(偉そうに書いてますが、テレビや専門書のうけうりです)
 
男性の場合、
恋愛感情のピークは、交際が始まってから比較的すぐにやってくるそうです。
それから徐々にテンションが下がっていくというプロセスです。
 
一方、
女性は交際を始めてから少しずつ感情が高まっていき、
ある程度時間が経ってから感情のピークがやってきます。
そして、その感情は比較的長く続く傾向があるそうです。
 
早い話が、
男性は「瞬間湯沸かし器」、女性は「弱火でゆっくり」という感じです。
 
そして、これが男女のすれ違い原因とも言われています。
 
ケース1、
交際当初、男性の感情・テンションが高く、女性の感情が高まっていないのに、
積極的にアプローチし過ぎて、女性が「ドン引き」してしまう。
 
ケース2、
男性がせっかく好意を持ってくれているのに、女性の感情が高まるのが遅く、
女性の感情が高まってき始めたのに、男性が「もういいや」と冷めてくる。

どちらもありがちな話です。
ただ、この感情のピークの違いを解消する方法は知っていれば非常に簡単です。

男性の場合であれば、
女性の感情が緩やかにピークに達していくので、
交際当初は女性の感情の高ぶりのペースに合わせていくことに集中します。
たとえ自分のテンションがMAXであったとしても、さりげなく交際を続けるのです。
その中で、少しずつ女性との距離感を詰めていくのです。
 
また、女性の場合は、
男性の感情が交際開始からスグにピークになって、その後は落ちていくので、
男性の良いところに注目して、上手に自分の感情を高めていく必要があります。
男性が冷めてしまってから好きになっても手遅れです。
 
特に、結婚相談所での婚活やお見合いは、恋愛の場合と異なり、
相手のことを「好き」になってから交際をスタートするわけではありませんので、
この男女の感情のピークをよく理解して交際を進めていかなければ、
せっかくの良い相手、うまくいくだろうご縁もダメになってしまいます。
 
ですので、
短期間の婚活で条件の良い男性と婚約する女性の特徴は、
男性の感情のピークに上手に合わせることのできる女性だったりします。
 
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
最新の婚活情報、成功ポイントは下行をクリック!
毎週更新 ⇒ Facebook 【婚活成功のポイント】
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 

 

«  |  »

カテゴリーTOP