【真冬のジェットコースター】

一昨年の12月の中旬だったと思います。
日曜日の朝・・・交際中の女性会員が来所して、
 
「先生! 聞いて下さいよぉ~
 昨日、今、交際してる人とセントラルパーク行ったんですけど、
 もの凄く寒いのに急流下りに乗らされたんですよぉ~!」
 
「あっははは・・・それは、大変だったね~。」 (*^。^*)
 
「もぉ~、先生! 笑い事じゃないですよぉ~!!
 私、寒くて死ぬかと思ったんですから。
 大体、彼・・・デートのセンスが悪いというか、下手と言うか・・・」
 
「あっははは・・・そうなんだ。」 (*^。^*)
 
「だから、先生! 笑い事じゃないんですってぇ!」
 
「でも、デートの相手としては問題アリとして、結婚相手としては?」
 
「えっ?」
 
「いや、だから、デートの相手じゃなくて、結婚相手として・・・
 デートが上手っていうのは結婚相手への絶対条件なのかな?
 そうじゃないだろ? 」
 
「えぇ~と、それはそうなんですけど・・・」
 
「じゃ~、ちょっと視点を変えてみるね。、
 あなたがお父さんとお母さんと家族旅行に行くと考えて、
 旅行先を決めるのは誰?」
 
「母と私で相談して決めると思います」
 
「ホテルとか旅館を予約するのは?」
 
「それは、私ですね。 インターネットで割引してるのを探します。」
 
「遊覧船とか乗り物系のレジャーは?」
 
「それも私と母ですね。」
 
「お父さんは何も決めないの?」
 
「だって、どうせだったら、母と私が行きたい所に行きたいし。
 それに、父だってその方が喜ぶと思うし、楽だと思うし・・・・。」
 
「それだったら、あなたが結婚しても、
 お出かけや旅行は、あなたや子供達が決めることになるよね。」
 
「そう言えばそうですけど、
 付き合ってる時は、もう少し・・・
 真冬にジェットコースターって、ちょっとズレてると思いませんか?」
 
「そりゃぁ~、ズレてると思うよ、確かに。
 でも、そういう男性だからこそ、あなたの思い通りに出来るかもよ。」
 
「それは、まぁ~・・・」
 
「彼には、
 『デートはちゃんと調べて準備して、女の子に楽しんでもらうこと』
 ・・・ってアドバイスしておくから。
 でも、あなたも、行きたいところがあったら遠慮せずに言うんだよ。
 とりあえず、もう1~2回会ってから結論だそう。」
 
「はい。 とりあえず、そうしてみます。」
 
それからは、
彼女の行きたい場所、食べたいモノが最優先のデートが続き
2ヶ月後、彼女は、そのズレた彼と晴れて婚約。
 
もちろん、新婚旅行の行先は彼女が決めました。
それどころか、新居、結婚式、披露宴など、何から何まで彼女の思い通りの結婚になりました。
 
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
最新の婚活情報、成功ポイントは下行をクリック!
毎週更新 ⇒ Facebook 【婚活成功のポイント】
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 

 

«  |  »

カテゴリーTOP