お相手選び編

お見合い率UP お相手選びのポイント

お見合いOKの返事は10人選んで0~2人です

婚活では、沢山のプロフィールの中から希望の相手を選ぶわけですが、選んだ相手全員とお見合いが出来ることはありません。

実は、お見合いを申込んで、OKの返事があるのは10人に1~2人、
選び方の条件やタイミングによっては0人ということもあります。

「そんなに少ないんですか!」

・・・と、驚かれるかもしれませんが、逆に考えてみて下さい。

もし、あなたに複数のお相手からお申込みが入った場合、全員と会うことはまずないでしょう。

一番良さそうな人から1~2人とお見合いするはずです。

あなたが選んだお相手も同じなのです。

結果! お相手を選ぶ時には多めに選ぶことがポイントです。

お相手は幅広く選びましょう。

「せっかく結婚相談所に入会したのだから、理想的な人を選びたい」

・・・誰だって同じ想いです。

しかし、理想的な人ばかりを選ぶと、OKの返事が入りにくいのも事実です。

理想的な人には申込みが殺到する為、OKの確率は低くなるのです。

そこで、例えば10人を選ぶ場合には次のように選んでみましょう。

「理想的な人」        ⇒ 3人

「現実的に返事の来そうな人」 ⇒ 4人

「まぁ、譲歩できるレベルの人」⇒ 3人

広い範囲で相手を選ぴ、お見合い率を上げ、お相手の人柄に触れていくのが婚約への早道です。

男女とも年齢の若い相手を希望しています。

女性が年齢の近い男性を希望するのと同様に、
男性は出来るだけ若い女性を望む傾向があります。

女性が望む年齢差は同い年~男性が3才年上が一番多く、
男性の望む年齢差は女性が6~7才年下が一番多いのです。

でも、このままでは平行線でお見合いなんかできません。

そこで、お互いが歩み寄って、男性が4~5才年上というのが落ちつくケースが多くなります。

逆に言うと、この歩み寄りができないと、お見合いの確率は低くなってしまいます。

実は、この年齢差で歩み寄れるかどうかが婚活成功のポイントの一つと言えます。

(注)男女ともが33才位までの場合は年齢が近かったり、女性が年上の場合も少なくありません。

相手のルックスにこだわり過ぎない。

ルックスはあなたの理想であって、
実は、結婚生活において必要不可欠な要素ではなかったりします。
(生理的に無理な場合は別ですが・・・)

「ルックス」の幅を広げる事は、今までの恋愛対象外の相手にも目を向ける事につながります。

それは、結婚相手としてピッタリの相手を見つける可能性を高めるだけでなく、今までの恋愛パターン(失敗パターン)から卒業する事にもなるのでます。

また、ルックスの良い人には申込みが殺到する為、OKの返事は入りにくい傾向もあります。

また、理想のルックスの人があなたを選んでくれる保証もないのです。