お見合い編

さぁ~、お見合い! 交際につなげるポイントとは

お見合いの心構え

☆お見合いは友人の紹介等とは違い・・・

お見合いでは2人の接点がほとんどない為、会話はお互いに手探りの状態となるのが一般的です。

お見合いでは話が弾まなかったり、時には沈黙もあります。
だからといって、2人のフィーリングが合わない、話が合わないとは限りません。

実は成婚したカップルも、初めは、皆そうだったのです。

☆お見合い当日の感想は・・・

「悪い人ではなさそう」「良い人っぽいかな」・・・といった感じがほとんどです。

2時間程度の手探りの会話で相手が解るという事はまずありません。
同様に、初対面で相手を好きになったり、ピンときたといった事もほぼありません。

生理的に苦手なタイプでなければ、もう1~2回会ってから判断しても遅くはありません。
実は「お見合い時の断り」より「2~3回デート後の断り」が多い位なのです。

お見合いのマナー

☆服装、髪型、化粧等は、清潔で清楚が一番です。

男性は必ずスーツにネクタイを着用してください。
夏の暑い日には上着はなくても結構です。

清潔感が一番です。
シャツの汚れ、スラックスのしわ、靴の汚れ、髪のフケ等に注意。

女性は、男性がスーツですので、バランスを考えましょう。

夏の暑い時でも、胸元の大きく開いた服装は避けましょう。

香水、貴金属、ブランド物は控えめがポイントです。

素直で明るいイメージを大切にして下さい。

☆見合い当日は早めに出かけましょう

当日は、迷っても大丈夫なように早めに出かけましょう。
10分前には約束の場所に到着するつもりが良いでしょう。

☆お見合いは2時間位までが適当です

初対面の相手ですので、長い時間だと疲れてしまいます。

1時間~1時間半くらいで、
「もう少し話がしたいけど」という辺りがちょうど良いのです。

断る相手だと思っても、1時間程度は笑顔で接するのが大人のマナーです。

☆お見合中、携帯電話はマナーモードに。

メール、LINE等のチェックは論外です。

お見合いの会話

☆にこやかな笑顔の応対で話しやすいムードを心がけて下さい。

お見合いの時には、お互い緊張しているものですが、
「今日は、お時間を作って頂いてありがとうございます」
・・・と温かな笑顔でお互いの緊張をほぐせれば良いですね。

☆相手の趣味、自分の趣味、最新ニュース等から話題を準備

相手の趣味だけでなく、自分のプロフィールに書いた趣味からも
話題を準備すること。

話すのが得意でない方は日頃からネタ帳を作っておきましょう。

趣味系の話題は自慢話ではなく、失敗談や笑える話が良いでしょう

☆相手の話は興味を持って聞きましょう。

興味を持っていることを相手に伝えるには適切な「あいづち」が
ポイントです。

・ふぅ~ん、言う通りですね。

・そうですよね、そうかぁ~、その通り

・なるほど、

・確かに、わかります・・・・等々

☆質問をする時には具体的に

抽象的な質問では、相手は何を答えていいのか迷ってしまいます。 
質問する際には、答え易いように具体的な聞き方を心がけます。 
自分が質問の回答例となる話をしてから質問するとスムーズです。

(例)相手の家族の事を聞く時は、まず自分の家族の話をしてから

お見合いNG

☆相手の話を否定しない、批評しない、無視しない

コミュニケーションで最も大事なのは「共感」です。 
相手の話に対して批評やアドバイスはNG、否定や無視は問題外。 
相手の気持ち、感情に沿った応答が基本です。

☆過去の見合いや交際についての話題はタブーです。

過去の恋愛やお見合いを話題にすること自体がマナー違反です。 
婚活を始めた理由、活動期間等を聞くことも控えましょう。

☆相手の言動を憶測で判断してはいけません

その言動の意味は、本当にあなたの考え通りなのですか?

本人(相手)がそういう意味だとハッキリと言ったのではない限り、
想像や憶測に過ぎません。

想像や憶測に基づいてマイナス思考で判断すると、
相手の真意が見えなくなるだけでなく、ご縁そのものも失います。

気になるのであれば「それって、どういう意味?」
・・・と相手に尋ねれば良いのです。

「相手がどう思っているか」を気にするより、
「自分は相手をどう思い、それをどう表現しているか」が大事です。

☆見合いで、してはいけない話

・仕事や会社の不満やグチ、他人の悪口や批判

・悲観的な話、マイナス思考の話

・贅沢な話 (旅行、グルメ、ファッション等々)